読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エキサイティングな人生を

仕事とジャニーズにまみれる日々

大型シェアハウス生活はじめました

修論絶賛作成中だが、3Kの広々とした宿舎からなんと大型シェアハウスに引っ越してきた。”大型シェアハウス”という呼び方が正解かどうか分からないが、正式名称で書いてしまうと場所が分かってしまいそうなので、今回は”大型シェアハウス”としたい。

 

この3階建ての物件には44世帯が住んでいる。2階と3階は、キッチンや風呂トイレといった水回りの設備が完備してあるが、1階は水回りなしの1ルームである。私は1階に越してきたため、キッチンや風呂トイレが共有である。広々としたリビングやスタジオ、メイクルームなどの設備もあり、かなり快適に生活をしている。何より帰ってきた時に「おかえりなさい」と声を掛け合える関係はいいなと感じている。

 

シェアハウスも検討したが、やっぱり小さいコミュニティで生活する難しさをウガンダで嫌というほど実感したので、このような選択になった。各個室は、完全に独立しているため、リビングを通過しなくても自室に帰れるところは一般的なシェアハウスとは違うのかなと思っている。そのため、特に平日なんかは会わない人の方が多い。

 

リビングには、大型のテレビやゲーム機器が置いてある。また、共有のパソコンとWi-Fiがあり、今回は平日の誰もいないリビングで共有パソコンからブログを書いてみている。雰囲気やインテリアが、カフェのようなので自室で悶々としてもこちらに移動すると気分転換になるなと思った。

 

欠点は、もう少し住んでみないと見えてこないだろうなと思っているが、今のところ楽しく生活している。ウガンダで、自室と母屋、風呂、トイレが離れている環境を体験しており、元々そこらへんを苦だと思わなかったところがよかったのかもしれない。

 

半年後、転勤の可能性もあるため、どのくらいここに住めるか分からないが、この年齢でしか楽しめない環境を満喫したいと思う。さて、夜ご飯作って食べますかな。