読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エキサイティングな人生を

仕事とジャニーズにまみれる日々

届くといいな、この気持ち

いつだって私たちの前にはKAT-TUNが走っていた。

 

デビュー前だって、10年前の今日だって、10周年の今日だって、これから先の未来だって、KAT-TUNが大好きだ。

 

亀がいたから、KAT-TUNとして芯が通ったと思う。仁がいたから、ハモリだって冒険だってできたと思う。田口がいたから、笑顔があふれたんだと思う。聖がいたから、Real Faceが歌えたと思うし、どのグループにも負けないラップが聞けたと思う。たっちゃんがいたから、KAT-TUNの世界が広がったと思う。雄ちゃんがいたから、ハイフンは思われてるなと感じることができたと思う。

 

私のこんな粗雑言葉で表現してはいけないぐらいに、どこを切り取ったってキラキラしていたし、儚くて美しかった。他のグループを応援していたほうが、傷つかなかったかもしれない。でも、KAT-TUNを応援してきてよかったなと思える10周年の今日という日を過ごすことができてよかった。

 

思うことはもちろん色々あるし、もっと違った気分で10周年を迎えられたのでは…と思う瞬間もあるけれど、全部、全部ひっくるめてKAT-TUNなんだからしょうがない。手のかかるやつらなんだ。私たちがついて行かずに誰が…誰が一緒に飛んでやるんだ。一緒なら、飛べるんだろ?ここまできたら、どこまでも一緒に飛んでやろうじゃないか。

 

心から叫びたい。大好きだ。そして、ありがとう。