読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エキサイティングな人生を

仕事とジャニーズにまみれる日々

引き出しの中のファンレター

日本が台風で学校が休校だとか、仕事早退だとか行っている中、私はデータも取れず家にいる。なぜなら、雨水用のタンクを家に増設すべく、建設業者を呼んでいるからだ。一応、期間中は…見張っている(ウガンダだからね!!)。そして、なんだか映画感想ブログのようになりつつあるが、今回も1本映画を見たので感想を書きたいと思う。

今回見た作品はこちら!
「引き出しの中のラブレター」
監督:  三城真一
脚本 : 藤井清美、鈴木友海
出演者: 常盤貴子林遣都本上まなみ、中代達矢、八千草薫 など            
公開: 2009年10月10日
配給: 松竹
引用: Wikipedia

前回が洋画だったので、今回は邦画を選択。大好きなJ-waveのラジオ番組を通じて家族が心を通い合わせるというお話。ストーリーは特段意外性もなく、映画館で見るほどのものではないかなと思った。しかし、大好きなラジオ×手紙ということで色んなことを思い出したり、考えたりしながら見れたのでその点はよかった。そして、常盤さんの眉毛だったり、中島さんが出演していたり(最近AV関係の仕事してるよね?)、林くんが幼かったり…と6年の歳月をひしひしと感じた。。

ラジオで手紙を読まれた経験は、何度もある。最初は、中学生のころ。恋愛相談なんかもしちゃって、今から考えるとませた中学生だったなと思う。曜日をまたいで私の話を続けてくれた時なんか、コンポ抱えながら聞いたっけ。よき思い出だ。一番最近だと、出国数日前にJ-waveでサッシャさんに読んでもらったのが印象的だ。何回読まれても舞い上がってしまうのは、なんでだろうか。そして、ウガンダ滞在中には、友人がGLOOBE LINE Zで「どりーむわーかあああああああ!」ってやったらしく、聞き逃したので、惜しいことしたと思った。

ウガンダ滞在中もDLして聞いているのは、亀梨和也のHang Out (Nack5)。かめらじは、Kス バイ Kスのころからの視聴者で、その頃1度だけメールを読んでもらったことがある。その音源は未だに私のiPodに入っており、たまに聞いてはにやけている。10年以上聞いているからなのか、そういう声なのか、本当に彼の声を聞くとほっとするし、ドキドキするし、短い時間にも関わらず毎回毎回私の気持ちは忙しい。200回記念の番組の際にもリスナーから、最後の「じゃあね」が好きだと言われていたが、私も同じく大好物ポイントだ。舞台の三方礼、Going!の「さようなら」、ラジオの「じゃあね」…亀梨和也の何かを終わらせる時に私は究極に弱い(誰か共感してー‼)。靑い種子(舞台)の大阪公演では「おおきに!」と最後に言うらしいじゃないか、それだけでも聞きに帰国したいぐらいだ(泣

ジャニーズは、ラジオをやっていないグループをないんじゃないか?と思うぐらい、意外とラジオのお仕事が多い。KAT-TUNのメンバーが持っているだけでも3本。顔が勝負のアイドルなのに、ラジオやってるんだねーと友人に言われて初めて気がついたが確かにそうだな。でも!雑誌よりも編集の少ない生に近い声が聞けるため、私も全盛期はよく聞いていたなーと振り返る。ヒナちゃんと横のレコメンはもちろん、慶ちゃんのKちゃんNEWSなんかは、自分の部屋で声を殺しながら爆笑していた記憶がまだ新しい。手越さんのキャラを助長させたのは、この番組で間違いないと私は確信しているw

さてさて、帰国まであと52日。ラジオ生活が私を待っている!!


あと余談だが、林遣都くんと宮近海斗(Jr.)ってそっくりだ。さかなクン中山優馬よりも似ている気がする。いや、兄弟なんじゃないか?!って思い込みたいぐらい。関係者の皆様、林遣都くん出演のドラマか映画に兄弟役で宮近出してもらえませんかー!!!!起用してください!!!!