読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エキサイティングな人生を

仕事とジャニーズにまみれる日々

スマホ?ガラケー戻り?タブレット?~J事情を踏まえて~

何年前か忘れたが、HTC-Jの初期のスマホが出た時にスマホに乗り換えてから長らく同じスマホを使い続けている。当時は、ezwebじゃないと使えないtrkだとかk2だとかに依存していたので、変えるのには抵抗があったし、スマホにした後もHP自体がなかなかスマホ仕様に移行してくれなくて困った記憶がある。

現在、スマートフォン(android/HTC-J)Kindle fire HDiPod touch(第一世代)ウガンダで使う用のSIMフリー携帯の4つを使っている。しかし、こうも海外が長いと、携帯料金も馬鹿にならないのでスマホ自体はauで休止手続きをしてもらっている。そのため、メールの受信と電話が使えないことになっている。しかし、wi-fiを介してアプリなどは使えるのでSIMフリー携帯でデザリングして、スマホを利用している。

しかし、スマホが4時間と充電が保たなくなってきたので、次の帰国時には新しいスマホを購入しようと考えている。そこで、いっそのことSIMフリー携帯に変更しようかと思ったが某J事務所がフリーアドレス嫌いであることを考えると、その手は使えないなとなってくる。電話も家族とするぐらいで、特に多くはない。そして、ezwebのメールアドレスを使っての連絡はもう少なくなってきている。

となるとだ。スマホガラケーがやはりいいのか?ということになってくる。スマホは、ネット&アプリ関係専用。ガラケーは、メール+電話専用。J関係の友人はガラケーiPadの2台持ちだ。んー?そうなると結局スマホは、SIMフリーでも構わないということか。

そもそもSIMフリーに対して知識がなさすぎる。ということで中高時代の友人に聞いてみた。(初心者の発言ですので;)


私「ねー!SIMフリーの携帯使ってたりする?SIMフリーにしたかったら、どっかで本体手に入れて、SIMカードはどっかの携帯会社で買うってこと?」

友「SIMカードAmazonとかヨドバシカメラで買えるよ。本体打ってるところでだいたいSIMカードも買えるかと!」

私「支払いってそのSIMカードの会社に払うってこと?」

友「そうだね」

私「使ってる?」

友「Wi-Fiは使ってる」

私「スマホをSIMフリーにして、auのメールと電話だけできるガラケーの2台餅にしようかと考え中なんだ」

友「いいんじゃない?持ち歩くの面倒だけど…」

私「欠点ってそれだけ?SIMフリーにして困ることって他にある?」

友「本体壊れた時の修理。だけど、最近はこういうのもあるからな http://nifmo.nifty.com/option/warranty.htm

私「なるほど!ちなみにどこのSIMがいいとかあるの?どこの使ってる?」

友「僕は、OCNだな。OCNは050から始まるIP電話サービスを月額無料でできるから、例えばauガラケーを電話かけ放題プランにして、スマホIP電話に転送する設定にしとくこともできるしな」

私「そうか!そうすると、スマホで電話が取れるってこと?」

友「そういうこと」

私「なるほど!今度帰国したら携帯買わなきゃだから、せっかくなら色々変えようと思って!SIMフリーにしとけば、ウガンダでも使えるしと思って!」

友「そしたらウガンダの通信事情を調べて、両国の周波数が使える本体を選んだほうがいいよ!」

私「そうか、そんな問題もあるのか!ありがとう!」

友「日本はわりと変な周波数帯なので!ちなみに個人的に気になっているスマホはこれ!」


いやー、持つべきものは友だ。最後はおすすめの機種まで教えてくれた。電気屋で販売員をやっていただけはある(携帯ではなかったはずだが…)。彼との短時間のやりとりでスマホガラケーの2台持ちになることは確定した。今すでにウガンダSIMフリースマホauスマホ2台持ちだから持ち歩く数は変わらない。そうなると本当にSIMフリーに抵抗がなくなってくる。3か月後が楽しみだ!

ちなみに日本の周波数が50Hz/60Hz。ウガンダの周波数が50Hzだった。

帰国した日に手に入れるのは厳しいだろうから、どうにか次の日には電気屋に行きたいと思う。そうなると、一度家に帰ると次の日起き上がる+街にでる気力がなくなるから、京都か名古屋のホテルに泊まるのもありだ。ウガンダの生活も苦ではないが、やはり早く帰りたいという気持ちがないわけではない。今から3か月先の心配なんて…って言われるけど、ウガンダで欲しいものはもうほとんどないし、今回はドバイでキーケースと化粧品を買って帰りたいなとか、関空ANAのカード申し込みして帰りたいなとか、いつも自分でスーツケース持って帰るけど郵送にしようかなとか、3か月じっくり帰国のイメージして、帰路も楽しみたいと思う^^