読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エキサイティングな人生を

仕事とジャニーズにまみれる日々

怒涛の年度末からのセクパ注入の巻

帰国してから書きたいことは山ほどあった。しかし、ゆっくりパソコンでブログなど書いている暇はなかった。なぜなら、帰りのドバイ空港ですでに私の怒涛の年度末が始まっていたからだ。だらだらと長い愚痴と報告をお許しください。

ドバイ空港では電源がつながる場所を探し、サンドイッチを頬張りながら日本語の出張報告書を書き上げ、日本までの飛行機内で英語版を完成させ、関空で指導教員に帰国報告とともに提出。いや、我ながら完ぺきだった。そして、夕方に到着してそのまま京都へ。1泊2日で開催されている研究会の懇親会へ。そこから休む間もなく、シンポジウム、ゼミ、小豆島研修、高知でのシンポジウム、鹿児島で生態学会……もうこの時点でだいぶ疲労困憊。そのまま東京へ直行し、会いたかった友人と会い、両方のおじいちゃんおばあちゃん孝行へ。クリスマス会と正月を私のためにもう一回。お年玉もらって楽しかったのも束の間。、妙高高原へ雪山実習。そしてまた実家に帰る。

3月
京都、小豆島、高知、鹿児島、東京、群馬、栃木、長野 etc..

いや、もういっぱいいっぱいでしょ、このスケジュール。4月頭の一般向け講演を終え、やっと自炊できる余裕ができ、今に至ると。しかし、いつまでもゆっくりはさせてくれない。次の渡航期間決まってしまいまった。

2015年4月26日~10月31日!じゃん!

9月に一度帰ってこようと思ったけれど、半年となってしまった。前回が4か月だったので、最長記録更新である。エミレーツがSilvarになったことだし、マイルもあるから帰りのBusinessランクアップを楽しみにしたいところだ。きっとあっという間だろうなと思いつつ、少しドキドキしている私。どうにか生きて帰って来たいところである。

からの・・・Sexy Power Tour!!!

いや、お前いつセクゾ行くって言ってた?と質問攻めに合いそうだが(いや、この世代は「ファン以外は来ないで!」とか言われる?w)、直前に思い立って、あれやこれやの末、ぎりぎり会場入り。キスマイ横アリで勝利の挨拶を聞いていて、あの子がデビューねーなんて言いつつ、楽曲は散々聞いて、少クラでチェックの日々だったがついにセクゾとご対面。とりあえず、かわいかった。懐かしさと、ファンの子の一生懸命さ、ジャニーズ特有のエンターテイメント溢れるコンサートに心が癒された。ごちそうさまでした。

しかし、ジャニーズのコンサートはグループごとに多少異なるが、独特のファンの熱気と楽しみ方はどこか共通点があると感じた。本命ではなかったが、心から楽しむことができたのは、立ち見2列目で共通ペンラ振りながら踊り狂う私を受け入れてくれたセクゾファンの皆様がいたからだ。お邪魔しました、ありがとうございました。

そして、完全に勉強不足のまま行ったわけだが、まんまとハマってしまった…

ぶつかっちゃうよ

なんですか、あのがむしゃらに踊る若い男の子たち。もう手を振るのも忘れ、一心不乱で大型モニターをガン見していた。恐るべし破壊力。コンサートの後から、私の音楽プレーヤーは永遠とこの楽曲をながすことになった。かわいそうなプレーヤーさん。そして、はよ映像化!!!あの感動と破壊力をもう一度、彼らが汗だくで踊る映像を!ぎぶみー!

そして、そしてですよ。いやー、もうこの時ばかりは泣き崩れた。藤ヶ谷太輔さん。
スノードームin東京ドーム以来の再開。彼は私の青春の塊であり、元カレでもある(これは嘘)。とにかく、4ヶ月僻地で耐え、忙しい年度末を乗り越えてのご褒美だと思った。走馬灯のように4ヶ月の僻地生活が頭に流れ、ぼろぼろ涙がこぼれた。恐るべしジャニーズ。改めて、これからもジャニーズに支えてもらいながら、支えながら、細々とジャニヲタ生活を続けていこうと、暗闇に消えた彼の姿を探しながら誓ったのである。


新年度も始まり、科研費申請や長期出張準備、新入生の世話など暇になることはないが、またがんばれそうな気がする。
えいえいおー!