読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エキサイティングな人生を

仕事とジャニーズにまみれる日々

ついに手に入れてしまった電子書籍版ハリー・ポッター

感想(本/映画/場所 etc.)
3か月3GBのAirtimeを購入していたところ、使用期限1週間前になんと残り約700MB…結構残ったなと思った。しかし、Youtubeを見るには時間がかかりすぎるし、消費しきれないなと感じ、Facebookを画像表示OKにして見るも、Airtimeの減りはイマイチ。せっかく買ったのだからどうにかして使い切ってしまいたかった。そうこうしていると、Facebookで久々にHarryPotterのフレッドとジョージ、さらに私の大好きなルーナの姿を見つけてしまい、完全にハリーポッターモードに突入。

それもこれも、私がハリーポッターという作品の大ファンだからだ。小学校高学年あたりで賢者の石が発売され、夢中で読んで、映画にものめり込み、ファンレターまでダニエル・ラドクリフさんに書いたほどである(ちなみに事務所から彼の写真とサイン付きで返事が返ってきた、人気絶頂だったにも関わらず、未だにあの事務所の対応には感動している)。そして、この作品と青春をともにし、大学生になるまで楽しませてくれたのがハリー・ポッターだ。炎のゴブレットの時には、六本木ヒルズで行われたプレミアムイベントに参加し、エマさんをはじめとする出演者と監督にお会いすることができた。さらには、最終章の映画公開に合わせて、ルーナとジニーとロン役の3人が来日され、汐留まで追いかけて行ったものだ。ジャニーズもそうだが、ハマるととことんハマる私。もちろん六本木ヒルズでやったハリーポッター展にも訪れた(しかし、ユニバーサルにはまだ行けておらず、次の帰国時には…と思っているところである)。

そこで久々にPottermore (www.pottermore.com) に行ってみると、電子書籍版がでていることに気づいた。Kindle fire HD愛用歴4ヶ月の私、これだ!!と気づいたわけだ。これでいつでもハリーポッターの世界に行けるじゃないかと。値段は全巻セットで7100円。悪くない、しかも10%OFF。即決だった。あの時の私の判断は凄まじい速さであった。

そこで、2日間かけてダウンロード、どうやら他の書籍と違い、Amazonから直接ダウンロードはできず、Pottermoreで会員登録をしてからAmazon経由でダウンロードしろということだった。時間はかかったが、どうにか7冊とも私の手元にやってきた。そして、余ったAirtimeは約200MB。LINEで親と無料通話をし、残り100MB。そして今に至る。

7冊も手に入ったということで、気持ちが満足してしまい、残り100MBは無理に使わなくてもいいかな、と思っている。さて、早速賢者の石から読み直しますか。そして、Kindleのよい点であるハイライト機能を使って、自分のハリポッター名場面まとめを作ろうと思う。帰国まであと21日。さあ、存分に楽しませてもらおうではないか^^