読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エキサイティングな人生を

仕事とジャニーズにまみれる日々

3G(NEWS, 関ジャニ∞, KAT-TUN)

 もう3Gなんて呼ぶ人いないのだろうか?古い?今回は3組のDVDを見て改めて思ったことを書こうかな。私はいわゆる"ごく出"と言われていた部類の人間(当時は大きな声で言えなかった)なので、この世代には深い深い思い入れがある。今でも覚えているけど中学2年生の5月にドハマリして、もう丸9年である。まさかこんなにハマるなんて思ってもいなかったのだけど、まんまと青春をジャニーズさまに持っていかれて、引くに引けなくなってしまった。来年の5月には勝手に10周年やろうかしら。

 

 

NEWS                                                         

 彼らがデビューしたのは確か私が小学5年生だか6年生だった時だと思う。同級生の女の子がコンビニ限定のCDをクラスに持ってきて、「誰がかっこいいと思う?」なんて聞かれて、全く興味なかったけど「んーこの人(草野くん)かな?」とか答えたような…。しかし、その頃から思うと波乱万丈だったな。結果的に。NEWSは爽やかで白がイメージカラーで常ににこにこ、暴言なんてはきません!って感じの正統派だったはずなのに。ま、亮ちゃんと内くんが抜けるのは時間の問題だと個人的に思っていましたが。私があれ?と思い出したのは”走魂”ぐらいかな?亮ちゃんは出ないにしても、あれ?山下は?ってなりましたよね。今でいう舞祭組的な?人気がないわけではないけど、グループの中でいまいちパッとしない4人。あの番組自体はすっごい好きだったけど。。

 あれ?と思うようになってもツアーが始まるとやっぱりNEWSはいいなーと思うわけで、不安も全部すっ飛んでくんですよね。あれ不思議。山下さんもタキシード仮面やったりノリノリだったじゃないですか。うんうん、思い返すとあれはひどかったwそんで突然の脱退と。衝撃!!!!みたいな。コメントは出たし、メンバーの話もラジオとかで聞けたから正直、KAT-TUNよりましだろ!とか思ってました(すんません)。でもでもチャンカパーナまでは長くて長くて…あの解禁になったラジオは聞きながら泣いた記憶が。

 そこからは、メンバーもファンも泣いてばっかだったけど一緒に泣いて乗り越えましょうね。ついてこいタイプよりも横に並んで歩いて行こうね。というグループだよね。もうこれ以上の衝撃はないからKAT-TUN同様落ち着いて見ていられる。私の場合、心細くなったり、ほわーっとにこにこしながらDVD見たいのはNEWS。

 

 

関ジャニ∞                                                  

 

 エイトは、Spirits!!のDVDを買ってからハマりました。もう何回も見て、MC言えるようになるまで見て。当時はすごい熱でした。なんだろうね、あのエイトにハマると出てこれない感じ。そして時間が経つと無性に欲したりして。常にだと少し暑苦しいけどwエイトは、”苦労して僕たち本当に本当に大変だったけど、エイターのおかげでここにいるんです!!!”っていうのを前面に押し出してくるから、母性本能がくすぐられるのだろうか。私が初めて行ったのはF·T·Oの時で、やっぱりすごくハマったんだよね。若かったから友達とお揃いでリメイクズボンとか作って会場に履いて行ったりしたなー。もうあんなことできないw今はどうだか知らないけど、つなぎ集団もわらわらいましたね。懐かしい。

 しかし、8UPPERぐらいからかな?本当に勢いがつきはじめて、ドームのチケットも取れなくなって…あれ?みたいな。少女漫画でたとえると、仲良かった幼馴染が中学生になったら全く口を利いてくれなくなった。そんな感じでした。楽曲はどんどんタイアップがついて、主題歌に使われて、全国ツアーも当たり前にできるようになって。私が思うにこの辺からが、彼らの第2ステージだったんじゃないかな。

 私は全くその勢いについて行けなくて、キスマイに逃げました(この話は追々)。でも紅白に初出場したときに画面越しで見ながら、ぼろぼろ泣いたのを覚えてる。なんか、本当に大きくなったんだなーと。関風とか48の時のこととか急に思い出してしまって。でもでも、最近また何か本人たちも自分のスピードに気持ちも追いついてきたのか(年齢的なものもあるのかな)、すごく昔の雰囲気を感じる(何様)。JUKE BOX見てても本当に楽しくて楽しくて!またエイター戻りたいなと密かに狙ってますw(収入が入るようになったらかな…)私的にエイトは励まして貰いたいときとか思いっきり笑いたいときに欲します。

 

 

KAT-TUN                                                    

 さて、こいつらか。んー。正直赤西さん問題はなんとなく自分の中で消化しきれてるんだけど、聖の問題はなー。もう少し時間がかかりそう。もちろん4人のKAT-TUNを受け入れる気持ちにも完全になってるけど、やっぱり「なんで?」「やめてまで、ハイフン捨ててまで、やりたかったことってなに?」という気持ちになってしまうので、もう少し時間が必要。

 でも、KAT-TUNはいつでも私の前を走っていて、憧れのおにいさま達で、決して近づけなくて、それでも追いかけたくてっていう存在。もちろん一緒に進んでいきたいとはコメントとか聞いてても思うけど、2歩、3歩前を歩いてて欲しいかな。とにかく4人のツアーを2~3回やればNEWSみたいに落ち着いてくるだろうと思っています(願望込)。

 PHOENIXとFIRE AND ICEを見る限り、彼らは決してぶれないと思っている。come hereはあんまり参戦できないけど、どんな風にしてくるのか期待したい。たのしみだああああああああ!!!!!!

 

 

ってことで、休日に研究室でひたすら思うままに書き綴ってしまった。もう少しまとまりのある文章をかけるようにしよう…すでに反省wでは、また。

 

p.s.フォレストのレポ読む限り好評ですね。じゅんのがんば!